December 2, 2018 / 9:51 AM / 9 days ago

G20首脳宣言「保護主義と闘う」盛り込まず、米国が反対

12月1日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は首脳宣言を採択して閉幕した。米国の反対により「保護主義と闘う」との文言は盛り込まれなかった。写真は11月30日、ブエノスアイレスで撮影(ロイター/Andres Martinez Casares)

[ブエノスアイレス 1日 ロイター] - ブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は1日、首脳宣言を採択して閉幕した。

首脳宣言では、貿易は世界の経済成長の重要なエンジンと位置付けたものの、米国の反対により「保護主義と闘う」との文言は盛り込まれなかった。

世界貿易機関(WTO)については、改革の必要性を指摘した。

米政府高官は首脳宣言にWTO改革が盛り込まれたことを「最大の成果」として評価。「G20は、現在のWTOが目的を満たしておらず改革の必要があることを初めて認識した」と述べた。

米国はこれまで、中国が経済の開放を進めるよう十分に促してこなかったとしてWTOを批判。欧州連合(EU)もWTOの抜本的な改革を求めていた。

関係者によると、首脳宣言のとりまとめは、意見対立で採決を断念したアジア太平洋経済協力会議(APEC)の時よりもスムーズに進んだ。

気候変動については、米国が「パリ協定」離脱をあらためて表明。一方他の19カ国はパリ協定の重要性を再確認し、完全な実施を目指す考えを強調した。

また国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、新興国の債務が高水準に膨らんでいることに懸念を表明。首脳宣言もIMFと世界銀行に債務水準の監視を強化するよう求めた。これについて米関係者は、新興国がインフラ整備計画と引き換えに中国からの借り入れに過度に依存しないことを目的としていると述べた。

*写真に説明を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below