Reuters logo
BRICS開発銀、水力発電などインフラ投資検討=ロシア財務相
2016年2月26日 / 09:18 / 2年後

BRICS開発銀、水力発電などインフラ投資検討=ロシア財務相

[上海 26日 ロイター] - ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)により設立されたBRICS開発銀行(正式名称:新開発銀行)が、水力発電などのインフラ投資を検討していることが分かった。

ロシアのシルアノフ財務相が、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開催される中国の上海で語った。

加盟国を増やすことも考慮しているという。

財務相は「われわれは主にインフラ計画やエネルギーに投資していく。再生可能エネルギーの開発が優先事項だ」と述べた。加盟国内でのプロジェクト向けに国内市場で現地通貨による資金調達を一部実施する考えを示した。

BRICS開発銀のウラジミール・カズベコフ副総裁はロイターに、将来的には科学やハイテク分野への投資を検討すると語った。

同銀の発表文によれば、年末までに世界各地で合わせて100人程度を採用する。最初の支店は南アフリカのヨハネスブルクに置く。

国内の格付け会社から「AAA」格付けを取得し、中国の国家開発銀行と中国銀行をレーティングアドバイザーに起用した。また国外のレーティングについては英スタンダード・チャータード銀行と米ゴールドマン・サックスをアドバイザーに選定した。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below