June 9, 2019 / 2:58 AM / 17 days ago

G20声明案、貿易・地政学面で緊張「高まっている」=関係筋

 関係筋によると、G20財務相・中銀総裁会合は共同声明で、「世界経済の成長には引き続き下振れリスクがあり、貿易や地政学面で緊張状態が高まっている」との文案を明記する方針だ。写真は8日、代表撮影。手前は日銀の黒田総裁(2019年 ロイター)

[福岡市 9日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会合は、今夕発表する共同声明で、「世界経済の成長には引き続き下振れリスクがあり、貿易や地政学面で緊張状態が高まっている」との文案を明記する方針だ。「これらのリスクに立ち向かい、さらなる行動を準備する」ことも併せて記す。関係筋が9日明らかにした。

G20財務相会議は共同声明で、貿易と地政学面での緊張状態の高まりへの対処が「何よりも重要」との認識を示す。貿易に関しては「2018年12月のブエノスアイレス会合での結論を尊重する」ことを再確認する。為替についても従来の表現を踏襲する。

ブエノスアイレス会合では、共同声明で「国際的な貿易・投資は成長、生産性、イノベーション、雇用創出と開発のための重要なエンジン」と指摘し、「このために多角的貿易体制が果たしてきた貢献を認識する」としていた。

G20財務相会議の初日時点での声明案には「貿易摩擦の解消は急務」との記述もあったが、米国に配慮し、文案は削除された。米中貿易摩擦の激化が世界経済の成長を妨げる、との表現も見送る。

巨大IT(情報技術)企業を念頭に置いたデジタル課税では「2つの柱によるアプローチを採用し、2020年までの合意を期待する」と明記する。

*情報を追加し、再構成しました。

Francesco Canepa and Jan Strupczewski 翻訳編集:竹本能文、山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below