July 17, 2020 / 9:53 PM / 18 days ago

G20の債務返済猶予、延長の公算大=世銀チーフエコノミスト

7月17日、世界銀行の新チーフエコノミスト、カーメン・ラインハート氏は、20カ国・地域(G20)が最貧国の2国間債務の返済猶予期限を20年末から先延ばしする可能性が高いと述べた。写真は2017年1月、ダボス会議に出席するラインハート氏(2020年 ロイター/Ruben Sprich)

[ワシントン 17日 ロイター] - 世界銀行の新チーフエコノミスト、カーメン・ラインハート氏は17日、20カ国・地域(G20)が最貧国の2国間債務の返済猶予期限を20年末から先延ばしする可能性が高いと述べた。

ただ、18日に予定されているG20財務相のオンライン会議で合意されるかどうかは定かではないとした。

ラインハート氏は「パンデミック(世界的大流行)が終わりを迎えるまで、はるかに長い時間がかかることは広く認識されている。半年以上の期間が必要なのは明らかで、個人的な予想では(返済猶予期限が)先延ばしされる可能性が高い」とした。

また、G20当局者は債務救済策への民間分野の関与が欠落していることについても議論するだろうとし、前に進めるためには「より強力な道徳的説得」が必要とした一方、民間部門の関与を義務付ける動きは予想していないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below