for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の習主席、貧困国に30億ドルの追加支援確約 コロナ対策で

中国の習近平国家主席は21日、発展途上国の新型コロナ禍からの回復促進に向け、今後3年間で30億ドルの追加支援を行うと確約した。写真は2019年12月、マカオで撮影(2021年 ロイター/Jason Lee)

[北京 21日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は21日、発展途上国の新型コロナウイルス禍からの回復促進に向け、今後3年間で30億ドルの追加支援を行うと確約した。また、ワクチンを巡り協力する国際フォーラムの設立を提案した。

20カ国・地域(G20)の「グローバル・ヘルス・サミット」で、追加支援は新型コロナへの対応と経済的・社会的復興の支援に充てられると指摘。「不平等なワクチン接種の問題はより深刻になっている。ワクチンナショナリズムを拒否し、発展途上国にとってワクチンをより入手しやくすく、手頃な価格にすることが必要不可欠だ」と述べた。

また、中国企業のワクチンに関する技術を他の発展途上国に移転し、共同生産を試みることを支持していると言及。提案した国際フォーラムは「ワクチンを開発・製造する国、企業、その他の利害関係者が世界的なワクチンの公平・公正な分配を促進する方法を探るため」に設立されるとした。

さらに主要国に対し、緊急支援を必要としている発展途上国により多くのワクチンを提供する責任を果たすよう呼び掛けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up