December 18, 2018 / 8:56 AM / 6 months ago

来年G20は貿易不均衡が重要議題に、多国間の議論必要=浅川財務官

[東京 18日 ロイター] - 浅川雅嗣財務官は18日、国際通貨基金(IMF)とピーターソン国際経済研究所(PIIE)が主催したセミナーに出席し、日本が議長国を務める2019年の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では多国間の貿易不均衡問題が重要な議題になると語った。

浅川氏は、世界経済は平時の状況にあるが、下方リスクが強まっているとの認識を示し、米中貿易摩擦など「貿易に関する緊張がさまざまなところで高まっている」中で、解決に向けて多国間で議論することの重要性を強調した。

そのうえで、関税の引き上げでは貯蓄・投資バランスが変わらないと述べ、「貿易不均衡が改善する保証はない」と語った。

為替での調整についても、「為替レートは、短期的には資本の流れによってもたらされており、経常収支だけではない」と指摘。

リーマンショックとアベノミクスを経て、過去10年間の円相場は大きく変動したものの、輸出量は安定していたことにも言及し、「為替と輸出のパフォーマンスがリンクしなくなっている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below