for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-米中報復関税合戦、世界経済生産を来年0.5%下押しの恐れ=IMF

(見出しと第1段落の記述を明確にして再送します)

[ワシントン 5日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は5日、米中の報復関税合戦が2020年に世界の経済生産を0.5%ポイント下押しする可能性があるとの見方を示した。

ラガルドIMF専務理事は、今週末に日本で開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議向け資料の中で、米中がすべての輸入品に関税を課した場合、4550億ドル相当の国内総生産(GDP)が失われると指摘。「自傷行為は避けねばならず、それには最近導入した貿易障壁を撤廃し、今後もあらゆる障壁を導入しないことだ」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up