April 19, 2018 / 10:40 PM / 5 months ago

保護主義、世界経済に大きなマイナスになり得る=黒田日銀総裁

[ワシントン/東京 19/20日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は19日午後(日本時間20日午前)20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に記者団に対し、保護主義の動きが「日本経済に大きな影響を与えているとは思わない」と語った。同時に「保護主義に走ることは世界貿易・経済にとって大きなマイナスになり得る」とし、「そこは十分注意していかなければならない」と強調。会議で議論するリスクの1つになるとの認識を示した。

 4月19日、日銀の黒田東彦総裁は、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に記者団に対し、保護主義の動きが「日本経済に大きな影響を与えているとは思わない」と語った。9日撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

また国際通貨基金(IMF)の指摘するリスクとして、1)保護主義、2)地政学的リスク━━に加えて「金融が予想以上に急速に引き締まるリスクが指摘されている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below