June 28, 2019 / 4:00 AM / in 3 months

自由貿易でメッセージ打ち出す=G20サミットで安倍首相

 6月28日、日本で初の開催となる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日から2日の日程ではじまった。写真はサミット参加者。大阪での代表撮影(2019年/ロイター)

[大阪 28日 ロイター] - 日本で初の開催となる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日から2日の日程ではじまった。会合冒頭、議長の安倍晋三首相は「対立を際立たせるのでなく互いの共通点を見出し、ウィンウィン(相互利益)で持続可能な世界を実現するサミットにしたい」「今こそ、自由、公正、無差別な貿易体制を維持・強化するため、強いメッセージを打ち出さなければならない」と強調した。米国の保護主義や米中摩擦を背景に議論は難航が予想されるが、自由貿易の重要性に関しメッセージを取りまとめたい意欲を示した。

安倍首相は「自由貿易やイノベーションを通じて世界経済の力強い成長をけん引していく」としつつ、世界経済の現状について「足元、安定化の兆しが見られるが、下振れリスクの方が大きい」「何より、貿易と地政学をめぐる緊張は増大している」と指摘した。

経済の下方リスクに対して「G20の責務」とし「 全ての政策手段を用いて成長を実現していく決意を共有したい」と強調した。

「経済成長の主要なエンジンとして、特に貿易とイノベーションが重要」「自由で開かれた経済は平和と反映の礎」と改めて指摘。「貿易制限的措置の応酬はどの国の利益ともならない」「いかなる貿易上の措置も世界貿易機構(WTO)協定と整合的であるべき」「現下の世界貿易をめぐる状況には深く憂慮する」と、米国の保護貿易政策を暗にけん制。「今こそ、自由、公正、無差別な貿易体制を維持・強化するため強いメッセージを打ち出さなければならない」とした。WTO改革に向けたモメンタムをさらに高める方策を議論したいとも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below