June 27, 2019 / 2:43 AM / 20 days ago

焦点:G20脅かす貿易摩擦、主要中銀の「緩和競争」再燃も

[東京/ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は、米国が何十年にもわたって世界的な関税引き下げの音頭を取ってきた歴史を顧みずに、保守主義的な貿易政策を打ち出して、20カ国・地域(G20)の結束を乱そうとしている。そこで厳しい立場に置かれているのが主要中央銀行で、想定よりも早く経済が悪化した際に、残り少ない政策手段で対応しなければならない。

 6月26日、トランプ米大統領は、米国が何十年にもわたって世界的な関税引き下げの音頭を取ってきた歴史を顧みずに、保守主義的な貿易政策を打ち出して、20カ国・地域(G20)の結束を乱そうとしている。都内で1月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

今週のG20首脳会議(大阪サミット)では、誰も公然とは言わなくても、米中貿易摩擦が最重要問題であるのは確かだ。だからトランプ氏と中国の習近平国家主席の会談が不調に終われば、主要中銀はすぐにも何らかの手を打つことを求められるのではないか。

結果的には政策金利の引き下げ競争と、それに伴う通貨切り下げ競争が再燃し、金融危機後の米連邦準備理事会(FRB)による大規模な量的緩和の時代に見られたように、G20当局者間の雰囲気が険悪化してもおかしくはない。

そうした競争は既に始まっているかもしれない。

金融市場からの圧力と世界経済成長が鈍化している兆しを受け、FRBは今年初めに追加利上げの実質的な停止を宣言し、今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で将来利下げする可能性を示唆した。

FRB高官は25日、早ければ7月にも50ベーシスポイント(bp)の大幅利下げに動くという市場の観測は否定したものの、年内にFRBが1回もしくは2回利下げするとの見方は健在だ。

このFRBの変化が今後のG20各国の話し合いに緊張感をもたらし、欧州と日本がまだ異例の金融緩和局面を脱却できないうちに、次の景気後退にどうやって立ち向かうべきかの議論を強いることになる。

世界は、FRBによる利下げの影響をドル安という形で実感しそうで、欧州や日本は輸出競争力維持のために追随して緩和することを迫られ、かつてのように通貨問題を巡ってG20の会合が張りつめたムードになりかねない。

スタンディッシュ・メロン・アセット・マネジメントのチーフエコノミストで、FRB事務方トップ出身のビンセント・ラインハート氏は「(G20が)協調していく方法を見出すのは難しい。貿易論争はあっという間に通貨論争になり得る。米国が最終的に望んでいるのが切り下げであるとして、ではこちらは自国通貨が上がるのを受け入れましょうと他国が言うとは思われない。不利な状況を背負える貿易相手は多くない」と述べた。

欧州や日本の政策担当者は、競争的な通貨切り下げは手控え、金融政策は国内目的のためだけに使うというG20の合意に従うと表明するだろう。しかし欧州中央銀行(ECB)も日銀も手持ちの手段が乏しい以上、通貨が高騰して輸出を圧迫したり物価を押し下げる事態は防ごうとする根拠は十分にある。

一部のECB政策担当者は既に6月の理事会で、FRBの利下げがユーロ高につながる恐れがあると懸念し、追加緩和を支持する姿勢を示している。もしFRBの利下げでユーロ高が急速に進めば、ECBは経済が受ける痛みを和らげるために緩和を強化せよという圧力を受ける、とアナリストは予想する。ECBの次回理事会は7月25日の予定だ。

日銀の黒田東彦総裁は先週の会見で、経済成長が変調を来せばちゅうちょなく追加緩和に動くと述べ、日銀が打ち出す政策手段は何であっても最小のコストで最大の効果を発揮することを目指すとまで明言した。

市場でも、日銀はFRBの動き次第で最短なら7月29─30日の金融政策決定会合で緩和を実施するとの観測がじりじりと広がっている。

日銀審議委員を務めた慶応大学の白井さゆり教授は「FRBが利下げすれば、日銀とECBは通貨高を抑えるためにより強力な措置を講じなければならない。彼らとしては国内の使命達成に動いているのかもしれないが、現実にはそうした行動が世界経済に影響を及ぼす。G20はまだこの点を議論していない」と解説した。

*写真を更新しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below