June 28, 2019 / 3:40 AM / 6 months ago

保護主義が世界の貿易秩序を損なっている=中国国家主席

 6月28日、中国の習近平国家主席(写真左端)は、一部の先進国が通商摩擦と経済封鎖へとつながる保護主義的措置を取っていると述べ、そうした措置が世界経済における不安定性を増幅させる最大のリスクだとの認識を示した。写真は20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に併せて開かれたBRICs首脳会合で撮影。提供写真(2019年 ロイター/Kremlin)

[大阪 28日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は28日、一部の先進国が通商摩擦と経済封鎖へとつながる保護主義的措置を取っていると述べ、そうした措置が世界経済における不安定性を増幅させる最大のリスクだとの認識を示した。

習主席は20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に併せて開かれたBRICs首脳会合で「このすべてが世界の貿易秩序を破壊している。これはまた、われわれの国々の共通の利益に影響を及ぼし、世界規模で平和と安定に影を投げかけている」と述べた。

その上で、こうした環境下で、BRICS各国は「外部リスクに対処する耐性と能力を高める」べきだと付け加えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below