April 24, 2018 / 8:55 PM / a month ago

G7治安担当相、IT企業に過激主義対策の強化要請へ

[オタワ 24日 ロイター] - 主要7カ国(G7)の治安担当相は24日、大手ハイテク企業やソーシャルメディア企業に対し、過激派組織の拡大阻止に向けた取り組みを強化するよう求める。当局者が明らかにした。

トロントでの担当相会議には、フェイスブック、ツイッター、アルファベット傘下のグーグル、マイクロソフトの代表者も出席する。

4社は、過激派による一連の攻撃を受け欧米各国政府の要請で昨年設立されたIT企業による団体「テロリズムに対抗するためのグローバル・インターネット・フォーラム(GIFCT)」に加盟している。

カナダのグッデイル公安・非常時対応準備相は「GIFCTが暴力的な過激派やテロリストのインターネット利用を阻止し、対抗する取り組みを強化することが重要だ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below