June 1, 2020 / 4:14 PM / a month ago

英加、ロシアのG7復帰支持せず 精査や議論必要

英国とカナダは1日、ロシアの主要7カ国首脳会議(G7サミット)復帰を支持しないと表明した。ロンドンのロシア大使館で2018年3月撮影(2019年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン/オタワ 1日 ロイター] - 英国とカナダは1日、ロシアの主要7カ国首脳会議(G7サミット)復帰を支持しないと表明した。同時に、英国は主催国が招待国を決定するのが慣習であることを踏まえ、米国の提案を見極める意向を示したほか、カナダはさらなる議論が必要とした。

トランプ米大統領は週末に6月末の開催を目指していたG7サミットを9月以降に延期する方針を明らかにし、オーストラリア、ロシア、韓国、インドを招待する考えを示した。

ジョンソン英首相の報道官は、ロシアがウクライナ・クリミア半島併合を受けて2014年に除外されたことに言及し、「G7復帰を正当化するような行動の変化は確認しておらず、復帰は支持しない」と言明。同時に「米国による提案の詳細を精査する」と強調した。

カナダのトルドー首相は定例会見で「ロシアは数年前のクリミア侵攻後に除外されたが、ロシア政府は依然として国際的な規則や規範を軽視し、尊重していない。これがなお除外されている理由であり、これからも除外され続けるだろう」と指摘。プーチン大統領がG7サミットに参加した場合に自身も参加するかとの問いに対しては、直接的な言及を避け、サミット前には引き続き「多くの議論」が必要とした。

ロシア大統領報道官は同日、トランプ大統領によるG7サミット招待について、より詳細な情報が必要としながらも、プーチン大統領は支持を示していると述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below