June 4, 2018 / 2:33 AM / 5 months ago

米NEC委員長、貿易摩擦巡るカナダ首相の懸念は「過剰反応」

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は3日、米国とカナダの貿易摩擦は「身内のけんか」だとし、カナダのトルドー首相が示した懸念について「過剰反応」だとの考えを示した。

 6月3日、米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長(写真)は、米国とカナダの貿易摩擦は「身内のけんか」だとし、カナダのトルドー首相が示した懸念について「過剰反応」だとの考えを示した。写真はワシントンで4月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

米政府は5月31日、鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税について、暫定的に適用除外としていたカナダ、メキシコ、欧州連合(EU)にも適用すると発表した。

トルドー首相は同日、関税措置は米国とカナダの安全保障面での協力に対する侮辱だと批判。カナダは対抗措置を発表した。

トルドー首相は、3日に放映されたNBCの番組「ミート・ザ・プレス」のインタビューで、カナダの鉄鋼とアルミが国家安全保障の脅威だとする米国の主張は「侮辱的」だと述べた。

NECのカドロー委員長は番組「フォックス・ニュース・サンデー」で、トルドー首相が「過剰反応している」との考えを示した。

同盟国に対する鉄鋼・アルミ関税の適用は「しばらくの間続くかもしれず、そうならないかもしれない」と述べ、交渉によって左右されると語った。

カドロー委員長は、トランプ米大統領が関税適用を通じて「数十年にわたる貿易上の不正行為」に対処しているとした上で、ホワイトハウスは米国が誠実な交渉を歓迎する方針を示したと述べた。

「これは身内のけんかのようなものだと考えている」とし、「協力すれば問題は解決できる。カナダに対する攻撃という見方は正しくない」と述べた。

このほかトルドー首相はNBCのインタビューで、米国が北米自由貿易協定(NAFTA)を巡り、5年ごとに更新しなければ協定が自動的に失効する「サンセット条項」の導入を主張するのであれば、カナダは交渉のテーブルにつかないと語った。「5年ごとに自動的に失効する貿易協定には署名しない」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below