July 18, 2019 / 7:13 PM / a month ago

米、為替安定化基金の方針で変更なし=財務長官

[シャンティイ(フランス) 18日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は18日、為替介入などに利用される為替安定化基金(ESF)の方針を巡って変更はないとの認識を示した。

為替相場については、ロイターとのインタビューや主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の記者会見でコメントしなかった。

ESFの規模は945億ドル相当で、専門家らは通貨安への誘導目的にも利用される可能性があると指摘する。ムニューシン長官はESFの主要目的は市場変動の結果生じる混乱の最小化だとした上で、過去には他国との政策協調のために利用されたと明らかにした。

財務省の報道官は、財務省のドル政策に変更はないと確認した。国際通貨基金(IMF)は17日、ドルが短期のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に基づき6─12%過大評価されているとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below