August 30, 2018 / 11:51 PM / 3 months ago

アジア大会=柔道リオ五輪金の大野ら、4階級で金

 8月30日、ジャカルタ・アジア大会の柔道男子73キロ級決勝、2016年リオデジャネイロ五輪王者の大野将平(写真)が安昌林を延長の末に下し、金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Issei Kato)

[30日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は30日、柔道の男女計5階級を行い、男子73キロ級決勝では2016年リオデジャネイロ五輪王者の大野将平が安昌林(韓国)を延長の末に下し、金メダルを獲得した。日本勢の同級制覇は3大会連続。

同81キロ級の佐々木健志は準決勝と3位決定戦で敗れ、メダルを逃した。

女子では57キロ級の玉置桃が決勝でキム・ジンア(北朝鮮)に一本勝ち。63キロ級の鍋倉那美も決勝で渡辺聖未(フィリピン)を一本で破り、70キロ級決勝では新添左季が金省然(韓国)を下して、それぞれ金メダルを獲得した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below