August 22, 2018 / 2:58 AM / a month ago

アジア大会=競泳・池江が4冠、大橋と小関も金メダル

[21日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会で21日、競泳女子100メートルバタフライの池江璃花子が56秒30の大会新記録で優勝し、今大会4つ目の金メダルを獲得した。

 8月21日、ジャカルタ・アジア大会で競泳女子100メートルバタフライの池江璃花子が56秒30の大会新記録で優勝し、今大会4つ目の金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Athit Perawongmetha)

池江は100メートル自由形、50メートルバタフライ、400メートルリレーで金メダルを手にしていた。

女子400メートル個人メドレーは大橋悠依が4分34秒58で金、清水咲子が銅メダル。

男子200メートル平泳ぎは小関也朱篤が2分7秒81で優勝し、0秒01差で渡辺一平が2位に入った。男子400メートル自由形は江原騎士が2位、萩野公介は3位に終わった。

レスリングでは、男子グレコローマンスタイル60キロ級の太田忍が金メダルを獲得した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below