for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴルフ=ガルシアがマスターズ前哨戦欠場、コロナ感染リスク考慮

男子ゴルフのセルヒオ・ガルシアは11日、新型コロナウイルス感染のリスクを考慮し、今季メジャー初戦マスターズ・トーナメントの前哨戦への参加を見送ると発表した。フロリダ州ブラデントンで2月撮影(2021年 ロイター/Mike Watters-USA TODAY Sports)

[11日 ロイター] - 男子ゴルフのセルヒオ・ガルシア(スペイン)は11日、新型コロナウイルス感染のリスクを考慮し、今季メジャー初戦マスターズ・トーナメントの前哨戦への出場を見送ると発表した。

ガルシアは昨年11月に行われたマスターズの開幕数日前に新型コロナ検査で陽性反応を示し、大会欠場を余儀なくされた。その経験もあり、感染リスクを避けるため、4月1日から4日にかけて行われる前哨戦であるテキサス・オープンの欠場を決めた。

ガルシアは「(マスターズの)前の週はプレーしない。ファンが戻っているので、いつ、誰から感染するか分からない。彼らが意図することではないが、そういうことが起こり得る」と語り、マスターズに向けてリスクをできるだけ避ける意向を示した。

2017年のマスターズでキャリア唯一のメジャー優勝を果たしているガルシアは、コロナ感染で自身の体調に大きな問題は起きなかったものの妻に移してしまい、症状を悪化させていたとも明かしている。

また、昨年のマスターズ欠場でメジャー連続出場記録が84で途切れていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up