June 27, 2018 / 5:38 AM / 19 days ago

米国、天然ガス・石油掘削技術を輸出へ=エネルギー長官

[ワシントン 26日 ロイター] - 米エネルギー省のペリー長官は26日、貿易摩擦が悪化するなか、世界ガス会議の式典に出席し、米国の天然ガス・石油掘削技術を輸出して同盟国を支援したいとの考えを示した。

 6月26日、米エネルギー省のペリー長官は、貿易摩擦が悪化するなか、世界ガス会議の式典に出席し、米国の天然ガス・石油掘削技術を輸出して同盟国を支援したいとの考えを示した。写真は米議会の委員会で証言する同長官。4月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

長官は、米国では水圧破砕法の開発で天然ガス・石油の生産が急増し、輸入依存度の低下と景気拡大を実現できたと指摘。

「私たちはこの驚くべきエネルギーの奇跡の証人だ」とした上で「豊かなエネルギーを輸出するというだけの話ではない。この豊かさをそもそも可能にした技術・ノウハウを輸出するという話だ」と述べた。

同長官は、米国のエネルギー生産急増を海外で再現できれば、世界の貧しい国々で電力を身近なものにできると指摘。エネルギー源に占める天然ガスの比率を高めれば、温室効果ガスの削減につながるとの認識も示した。

一方、同じ会議に出席した米2大石油企業のシェブロン(CVX.N)とエクソン・モービル(XOM.N)の幹部は、米国と諸外国との貿易摩擦によって世界経済が不安定化しかねないとの懸念を示した。[nL4N1TT1ED]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below