September 28, 2019 / 4:55 AM / 25 days ago

陸上=ガトリン、ボルト氏のいない世界選手権に「違和感」

 陸上の男子100メートルで前回の世界選手権を制したジャスティン・ガトリン(右)は27日、ライバルだったウサイン・ボルト氏(左)のいない世界選手権に「違和感を覚える」と話した。ロンドンで2017年8月撮影(2019年 ロイター/Dylan Martinez)

[ドーハ 27日 ロイター] - 陸上の男子100メートルで前回の世界選手権を制したジャスティン・ガトリン(米国)は27日、ライバルだったウサイン・ボルト氏のいない世界選手権に「違和感を覚える」と話した。

ジャマイカ出身のボルト氏は、男子スプリントの黄金時代をけん引。五輪では8個の金メダルを獲得し、2017年世界選手権終了後に現役を引退した。

今月27日、16年ぶりにボルト氏不在の世界選手件がドーハで開幕した。100メートルの予選を突破したガトリンは、「ここに彼(ボルト氏)がいないことに違和感を覚える。トラックに立って自分で自分を駆り立てることも、ベストを発揮するために自分を後押ししてくれる人がいないこともしっくりこない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below