for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ガウフ、マリーの英テニス界の多様性求める声に称賛

 女子テニスのコリ・ガウフ(写真)が、男子で元世界ランキング1位のアンディ・マリーが英ローンテニス協会(LTA)とオールイングランド・クラブ(AELTC)におけるダイバーシティー欠如に声を上げたことを称賛している。ローマで9月代表撮影(2020年 ロイター)

[23日 ロイター] - 女子テニスのコリ・ガウフ(16、米国)が、男子で元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)が英ローンテニス協会(LTA)とオールイングランド・クラブ(AELTC)におけるダイバーシティー欠如に声を上げたことを称賛している。

マリーはインスタグラムで、1996年ウィンブルドン選手権ファイナリストのマラビーヤ・ワシントン氏(米国)がLTAとAELTCの計24人の役員のなかに、黒人・アジア人・少数人種(BAME)をバックグラウンドに持つ役員が1人もいないことを指摘するインタビューの写真を、「これが2020年のテニスだ」とのメッセージを添えて投稿していた。

ガウフは23日、「より多様性を求めることは悪いことではない」とし、「特に白人男性である彼が声を上げることは間違いなく影響力がある。彼がどれほど素晴らしい味方であるかを示していて、コートの上でも試合以外でもアンディのしていることが好き。彼は私の一番好きな選手の1人」と語った。

ガウフは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による中断期間中、米国における社会や人種差別に対する抗議活動をしていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up