April 2, 2015 / 3:48 AM / 5 years ago

ガザ地区の男性、バンクシー作品と知らず壊れたドア2万円で売却

 4月1日、パレスチナ自治区ガザに住むある男性は、空爆で破壊された自宅のドアを売ったことを大きく後悔している。写真はバンクシーの絵が描かれたドア、 1日撮影(2015年 ロイター/Ibraheem Abu Mustafa)

[ガザ 1日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザに住むある男性は、空爆で破壊された自宅のドアを売ったことを大きく後悔している。ドアには、かなりの価値がある世界的に有名なアーチスト、バンクシーの作品が描かれていたからだ。

6人の子持ちでパレスチナ人のラベア・ダードゥナさんは、壊れたドアを700シェケル(175ドル、2万0924円)で地元の芸術家に売った。その後、ドアには、イギリスの覆面アーティスト、バンクシーの絵が描かれていたことを知った。

バンクシーは社会風刺的グラフィティアートを世界各地にゲリラ的に描くが、自身のプロフィールを明らかにしていない。作品は通常、50万ドル以上の値段がつき、2013年にオークションに出された壁画は110万ドルで落札された。

バンクシーは今年初めにガザで、複数の作品をスプレーで描いた。その中のひとつが、このドアに描かれた女神が自分の頭部を腕に抱えている作品。

ロイターの取材に対してダードゥナさんは「作品の価値やバンクシーが誰かまったく知らなかった」と語り、「知っていたらこんなに安値で売らなかった」と嘆いた。

だまし取られたと感じたダードゥナさんはドアを買った芸術家に連絡をとっているが返事がないという。

一方、ドアを買ったのは地元のグラフィティ・アーチストで、バンスキーの絵を手に入れることが夢だったという。バンスキーの絵であることは伝えたが、そう印象付けることはできなかったようだ、と主張している。

そのうえで、この作品を現時点で売るつもりはない、と語っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below