for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英国のEU離脱確率30─40%、米シティが引き上げ

 2月22日、米シティは、英国がEUから離脱する確率を30─40%に引き上げた。写真はロンドンで1日撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 22日 ロイター] - 米金融大手シティグループC.Nは22日、ロンドンのボリス・ジョンソン市長を含む大物政治家が6月に実施される英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票で離脱を支持すると表明したことを受け、英国がEUから離脱する確率を30─40%とし、これまでの20─30%から引き上げた。

シティはロンドン市長らが離脱を支持する姿勢を示したことで英国のEU離脱の可能性が高まったとし、これにより市場は一段と神経質になると予想。シティの英国担当エコノミスト、マイケル・サンダーズ氏は「英国がEUを離脱すれば、英国とEUは共に経済的、政治的に大きな痛みを伴う影響を受けることになる」としている。

この日の外国為替市場で英ポンドは対ドルGBP=D4で1.4105ドルと2%を超えて下落し、約7年ぶりの低水準に迫った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up