August 21, 2018 / 5:01 PM / 3 months ago

英外相、EUに対ロ制裁強化を呼び掛け 元スパイ毒殺未遂巡り

[ロンドン/モスクワ 21日 ロイター] - 訪米中の英国のハント外相は21日、欧州連合(EU)は米国と歩調を合わせ対ロシア制裁を強化する必要があるとの考えを示した。

米政府は今月初め、英国で3月に起きた元ロシア情報機関員らの毒殺未遂事件についてロシア政府が神経剤を使用したと断定し、ロシアに新たな制裁を課すと発表した。

ハント外相は訪問先のワシントンで、英国で神経剤が使用されたことに言及し、ロシアのプーチン大統領は世界を「より危険な場所にした」とし、ロシアが国際ルールを順守するよう、EUは一段の圧力を掛ける必要があると指摘。「EUの対ロシア制裁が包括的なもので、米国と肩を並べるものであるよう、英国は同盟国とともにEUに呼び掛ける」と述べた。

ハント外相の講演についてロシアのラブロフ外相は、英国はロシアに対する敵対的な政策をEU、および米国に広めようとしていると非難。「EUを離脱しようとしている英国がEUに対し外交政策について説いており、さらに米国の対ロシア政策にも口を出そうとしている」と述べた。

EU当局者によると、英国はEUに対し新たな対ロシア制裁はまだ提案していない。EUが新たに制裁措置を導入する場合、加盟28カ国すべての賛成が必要になる。

ハント外相は英国のEU離脱については、EU側に柔軟に対応するよう改めて呼び掛け、「英国のメイ首相が示した構成で建設的な提案について、欧州委員会は偏見なく対応する必要のある時期に来ている」と述べた。

同外相は7月に就任したばかり。22日にポンペオ米国務長官らと会談を行い、23日には国連安全保障理事会で講演を行う。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below