for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英住宅ローン承認件数、7月は予想上回る増加 住宅市場回復

イングランド銀行(英中央銀行)が公表した7月の住宅ローン承認件数は6万6300件となり、6月の4万件弱から急増した。ロンドンのイズリントンで6月撮影。(2020年 ロイター/Simon Newman)

[ロンドン 1日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が公表した7月の住宅ローン承認件数は6万6300件となり、6月の4万件弱から急増した。

ロックダウン(都市封鎖)の解除を受けて住宅市場が回復していることが改めて浮き彫りとなった。5月は新型コロナウイルスの流行で約9000件に急減していた。

ロイターがまとめた7月の住宅ローン承認件数の市場予想は約5万5000件だった。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、アンドリュー・ウィシャート氏は「全体としては、7月の経済が引き続き回復したことが改めて裏付けられた」とした上で「8月に一時帰休制度の縮小が始まった。今後失業が増えれば、回復ペースは鈍るだろう」と述べた。

スナク財務相は7月、多くの住宅購入者に対する課税を引き下げたが、7月の住宅ローン承認件数は、2月の約7万4000件を依然として下回っている。

7月の住宅ローン融資額は27億ポンド増。6月の24億ポンド増を上回ったものの、ロックダウン導入前6カ月間の平均の42億ポンド増を大幅に下回っている。

7月の消費者向け融資は12億ポンド増と、5カ月ぶりに増加に転じた。ロックダウン導入前の平均をやや上回った。

ただクレジットカード・ローンは依然として前年同期の水準を約10%下回っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up