Reuters logo
英サービスPMI、10月は半年ぶり高水準 利上げ決定に追い風
2017年11月3日 / 17:42 / 16日後

英サービスPMI、10月は半年ぶり高水準 利上げ決定に追い風

[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットとCIPSが発表した10月の英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は55.6と、前月の53.6から大幅に上昇。6カ月ぶりの高水準となった。

総合PMIは55.3で前月の53.6から上昇し、こちらも4月以来の水準となった。

今週公表された製造業と建設業のPMIも比較的好調で、IHSマークイットは10-12月の経済成長率が前期比で0.5%と、7━9月から加速したことがうかがえると指摘した。

サービス部門の伸びは速報値ベースで、ユーロ圏を1月以来初めて上回った。IHSマークイットは6日、ユーロ圏の改定値を公表する。

前日にはイングランド銀行(英中央銀行、BOE)が、10年ぶりの利上げに踏み切った。コンサルティング会社EY・ITEMクラブのハワード・アーチャー氏は「10月の(PMI)指標について、中銀は利上げ決定を下支えする材料と認識する公算が大きい」と話した。

PMI指標からは、各企業が見通しに自信を持てず、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感などを背景に、サービス企業の楽観論が長期平均水準を大きく下回り続ける姿が浮かび上がった。

IHSマークイットの首席ビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「数字を詳しく分析すると、経済のぜい弱性が浮き彫りとなる」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below