March 21, 2018 / 1:14 PM / 8 months ago

英賃金、インフレ調整後で11-1月は10カ月ぶりに増加 5月利上げ予想後押し

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した11─1月の賃金の伸びは2年強ぶりの大幅な伸びとなった。

インフレ調整後のボーナスを含む賃金は10カ月ぶりに増加。この発表を受けてポンドは上昇、英国債は下落した。

RBCキャピタル・マーケッツのエコノミスト、サム・ヒル氏は「総じて強い内容を追加しました。前日のインフレ統計は弱めだったが、イングランド銀(中央銀行)による5月の利上げ見通しを後押しする内容」と述べた。

総賃金は前年比2.8%増加で2015年9月以来の大幅な伸びとなり、エコノミスト予想の2.6%増を上回った。10-12月は2.7%増に上方修正された。

ボーナスを除く伸びは前年比2.6%増で予想と一致。10-12月は2.5%増だった。

11-1月の就業者数は16万8000人増。エコノミスト予想は8万4000人増だった。

失業率は40年ぶり低水準の4.3%に戻った。前月は4.4%だった。

2月の失業保険申請件数は9200件増の83万8000件。エコノミスト予想は5400万増だった。

12-2月の求人数は81万6000件となり、前月までの82万4000件から減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below