August 6, 2018 / 5:39 AM / 2 months ago

英情報機関の暗号解読者ら、秋に2冊目のパズル本出版へ

[ロンドン 3日 ロイター] - 英情報機関で、国内外の情報収集や暗号解読業務にあたる政府通信本部(GCHQ)は、2冊目となるパズル本「パズル・ブックII」を、ペンギン・ランダム・ハウス社から10月18日に出版する。来年はGCHQ誕生100周年に当たる。

 8月3日、英情報機関で、国内外の情報収集や暗号解読業務にあたる政府通信本部(GCHQ)は、2冊目となるパズル本「パズル・ブックII」を、ペンギン・ランダム・ハウス社から10月18日に出版する。写真は2015年11月代表撮影のGCHQで働く人々(2018年 ロイター/Ben Birchall)

GCHQはツイッターに、「あなたを問題解決思考に導く簡単なパズルがたくさん盛り込まれている」と投稿。

カラフルな絵文字入りの問題も投稿している。本にはほかに、GCHQに入るため出題された過去問題も掲載されている。

1冊目のパズルブックは2016年に出版され、メンタルヘルス支援プログラム「ヘッズ・トゥギャザー」に33万ポンドを超える資金を調達した。

GCHQの前身は第一次世界大戦直後の1919年に設立された政府暗号学校。ドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読したことで知られる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below