September 8, 2015 / 12:33 AM / 3 years ago

GDP4─6月期改定値は年率‐1.2%、民間在庫増で上方修正

 9月8日、内閣府が発表した2015年4─6月期実質国内総生産(GDP)2次速報値は、1次速報値から上方修正となった。写真は東京・銀座の横断歩道を歩く人々、2013年5月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日に発表した2015年4─6月期実質国内総生産(GDP)2次速報値は、前期比マイナス0.3%(1次速報値マイナス0.4%)、年率マイナス1.2%(同マイナス1.6%)と小幅に上方修正された。民間在庫の寄与度はプラス0.3ポイント(同プラス0.1ポイント)で、全体を押し上げた。

ロイターの事前予測調査(前期比マイナス0.4%、年率マイナス1.8%)を上回る結果となった。

民間在庫はフローベースでプラスに転換。「原材料在庫」と「仕掛品在庫」が減少傾向を示す一方、「製品在庫」と「流通在庫」が増加した。在庫増は統計上プラスに寄与するが、内容を見ると、製造したものの売れ残りが積み上がっている状況がうかがえる。

一方、設備投資は1次速報のマイナス0.1%からマイナス0.9%へと下振れた。財務省が1日発表した法人企業統計で、食料品や鉄鋼業などが減少したことを反映した。

甘利明経済再生担当相は、GDP発表後の記者会見で「設備投資が期待ほど伸びていないのは、経営者が決断していないからだ」と指摘した。

個人消費はマイナス0.8%からマイナス0.7%に上方修正、公的資本形成(公共事業)はプラス2.6%からプラス2.1%に下方修正された。

名目GDPは前期比プラス0.1%(1次速報値プラス0.0%)、年率プラス0.2%(同プラス0.1%)だった。

*内容を追加します。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below