November 14, 2018 / 12:16 AM / a month ago

GDP7─9月は年率1.2%減、2期ぶりマイナス成長 災害が幅広く影響

[東京 14日 ロイター] - 内閣府が14日発表した7─9月期国内総生産(GDP)は季節調整済み年率マイナス1.2%となった。事前のロイター予測よりやや落ち込み幅が大きかった。前期の高い成長率の反動に加えて、自然災害による消費の抑制や、生産・物流の停滞が内外需ともに幅広く影響したためだ。

 11月14日、内閣府が発表した7─9月期国内総生産(GDP)は季節調整済み年率マイナス1.2%となった。写真は川崎市で2015年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

景気はいったん踊り場となったが、災害の影響が薄れれば10─12月は反発する見通しとなっている。

もともと7─9月期の成長率は、4─6月期の年率3.0%という高い成長率の反動により低めとなることが予想されていた。それに加えて、豪雨や台風、地震という自然災害が多発。関西空港の閉鎖による物流停滞を招き、観光などサービス消費にも大きく影響した。

9月に発生した北海道胆振東部地震では、自動車工場の生産停止や商業施設の節電などをもたらした。このため、消費から生産、設備投資、インバウンド需要といった経済の幅広い分野が停滞したことが、7─9月の成長率を抑制した。

内需は前期のプラス成長から一転して軒並みマイナスとなった。

需要項目別にみると、個人消費は前期比マイナス0.1%と落ち込んだ。宿泊や外食、旅行などが減少しており、内閣府では、自然災害の影響で外出が控えられた可能性があるとしている。

設備投資は前期の高い伸びの反動から同マイナス0.2%。事前予測では横ばい程度とみられていたが、生産用機械などの落ち込みが影響した。

公的固定資本形成は同マイナス1.9%と大幅な減少。民間在庫投資も寄与度は前期比マイナス0.1%と落ち込んだ。

外需については、輸出が同マイナス1.8%と5四半期ぶりに減少。自動車や訪日外国人(インバウンド)消費の減少が影響した。台風の上陸で関西国際空港が閉鎖され、半導体関連の輸出や観光などが影響を受けたほか、自動車工場の生産停止も響いたとみられる。

一方、輸入も企業向けサービスなどの減少によって同マイナス1.4%となったが、輸出の落ち込みの方が大きく、外需の寄与度はマイナス0.1%と2四半期連続のマイナスとなった。

デフレータの前年比は4─6月期に続き7─9月期もマイナスとなった。

民間調査機関による10─12月期の予想は、災害復旧需要もありプラス成長へ回帰するとの見方が大勢だ。足元で景気が足踏み状態にあることが示されたとはいえ、自然災害に伴う下振れは一時的であり、日本経済の拡大基調が失われたわけではないとしている。

GDPを受けて会見した茂木敏充経済再生相は、マイナス成長について「自然災害による工場や空港の閉鎖、海外からの旅行客の減少など一時的要因が寄与した」とし、「景気は緩やかに回復しているとの認識に変わりはない」との見解を示した。

先行きは「雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあって、民需を中心とした景気回復が期待される」と展望。一方で、通商問題の動向が世界経済に与える影響に言及し、「春先からアジア向け情報関連財の輸出が鈍化しており、十分注意したい。米中貿易摩擦の影響や中国経済の動向を注視する」と警戒感を示した。

*内容を追加しました。

中川泉 伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below