for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GEのカルプCEOが航空機部門トップ兼務、会社3分割へ布石

 6月27日、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)が傘下の航空機エンジン部門GEアビエーションのトップを兼務すると発表した。2019年5月、ニューヨーク州で撮影(2022年 ロイター/Alwyn Scott)

[27日 ロイター] - 米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)が傘下の航空機エンジン部門GEアビエーションのトップを兼務すると発表した。GEが計画している会社3分割に向けた準備の一環とされる。

2020年9月からGEアビエーションのトップを務めていたジョン・スラッテリー氏は、同部門の最高商業責任者に転任する。

GEアビエーションの新たな最高財務責任者(CFO)には、米エレベーター製造企業オーチス・ワールドワイド幹部のラウール・ガイ氏が指名された。

GEは来年、ヘルスケア部門をまず分割し、次に電力と再生可能エネルギー部門を統合した上で2024年に分割、その後GE本体が航空機エンジン部門を手がけることを構想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up