January 31, 2019 / 5:53 PM / 23 days ago

GE、第4四半期売上高とキャッシュフローが予想超え 株価14%高

[31日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)の第4・四半期決算は売上高とキャッシュフローが市場予想を上回った。また、元傘下のサブプライムモーゲージ事業の係争を巡り、当局と暫定的な和解にこぎ着けたことを明らかにした。

 1月31日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の第4・四半期決算は売上高とキャッシュフローが市場予想を上回った。メキシコ・モンテレー近郊で2017年5月撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)

GEの株価は午後の取引で約14%高の10.40ドル。昨年11月1日以来初の10ドル台乗せとなった。

売上高は前年同期比5%増の333億ドルで、市場予想の326億ドルを上回った。

インダストリアル関連のフリーキャッシュフローは49億ドルと、前年同期の約68億ドルから減少。ただ、ゴードン・ハスケットのアナリストによると、投資家が期待していた40億ドルを上回った。

ウィリアム・ブレアのアナリストは「第4・四半期で唯一意味あるデータは、販売実績とインダストリアル関連のフリーキャッシュフローが予想より良かったことだ」と指摘した。

利益は6億6600万ドル。1株当たりでは0.08ドルと、前年同期の1.29ドルの赤字から黒字転換。調整後の1株利益は0.17ドルで、予想の0.22ドルを下回った。

航空機エンジン、ヘルスケア、石油・ガスの各部門が増益となったものの、電力部門や金融子会社GEキャピタルの業績が低迷した。

電力部門は8億7200万ドルの赤字。GEキャピタルも1億7700万ドルの損失を計上した。

2019年の業績見通しは示さなかったものの、カルプ最高経営責任者(CEO)は、400億ドル規模の航空機リース部門の売却する選択肢を否定。またGEの格付けを現在の「BBB」からA格に改善させ、インダストリアル関連の債務圧縮や配当の再開を目指すと述べた。ただ、目標達成の明確な期限は示さなかった。

この他、金融危機以前のサブプライムモーゲージ事業を巡る不正を巡り米司法省と和解し、すでに計上済みの制裁金15億ドルを支払うと明らかにした。

同社はこの日の説明会で、多くの警告を発した。キャッシュは19年に減少する見込みだが規模には触れなかった。電力部門の反転はなお「初期段階」とした上で、売上高が今年再び縮小することなどを明らかにした。また発電所サービス契約などを巡る会計上の規制調査については詳細を明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below