January 17, 2019 / 1:42 AM / a month ago

勤労統計不正で国庫負担増6.5億円、費用総額は795億円に=政府筋

 1月17日、政府は、毎月勤労統計の調査手法が不適切だったことを踏まえ、雇用保険などの追加給付に必要な国庫負担分6.5億円を2019年度一般会計予算案に上積みする方針を固めた。写真は国会議事堂。2016年2月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 政府は、毎月勤労統計の調査手法が不適切だったことを踏まえ、雇用保険などの追加給付に必要な国庫負担分6.5億円を2019年度一般会計予算案に上積みする方針を固めた。不正処理に伴う関連費用は総額795億円で、保険料収入を主な原資とする特別会計から支出する。

複数の政府筋が明らかにした。追加給付に伴う歳出の増加で昨年末に決定した19年度予算案を101兆4571億円に修正し、18日にあらためて閣議決定する。

予算案のうち、追加給付による国庫負担の増加額を反映した一般歳出は61兆9639億円となる。併せて赤字国債の発行額も見直し、新規国債の19年度発行額を32兆6605億円とする。

*内容を追加しました。

山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below