for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GE23年利益見通し、予想下回る 再生可能エネルギーの苦戦継続

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が24日発表した2022年第4・四半期決算は、ジェットエンジンや電力設備への旺盛な需要を追い風に利益が市場予想を上回った。しかし、再生可能エネルギー事業の苦戦が続く中、2023年の利益見通しは予想に届かなかった。(2023年 ロイター/Dado Ruvic)

[シカゴ 24日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)が24日発表した2022年第4・四半期決算は、ジェットエンジンや電力設備への旺盛な需要を追い風に利益が市場予想を上回った。しかし、再生可能エネルギー事業の苦戦が続く中、2023年の利益見通しは予想に届かなかった。

米株式市場午前の取引で、GEの株価は一時約1.5%下落した。

第4・四半期の調整後利益は1株当たり1.24ドルと、アナリスト予想の1.13ドルを上回った。

23年の1株利益は1.60─2.00ドルと、22年の0.77ドルから上昇することを見込むが、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の2.36ドルを下回った。

ただ、航空部門がエンジンへの堅調な需要などの恩恵を受ける見通しで、23年はフリーキャッシュフローが増加すると予想した。

一方エネルギー事業については、23年は2億─6億ドルの営業損失を見込んだ。再生可能エネルギー事業は昨年、22億ドルの損失を計上した。

また、事業再編計画の一環で、オンショア風力事業の従業員を世界で約20%削減する。

ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、GEが依然インフレやサプライチェーンの圧力にさらされているとし、コスト増を相殺するため価格を調整しているものの、インフレは「試練」になるという見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up