for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GM、北米で新たな車載用半導体開発へ 半導体不足に対応=社長

米ゼネラル・モーターズ(GM)のマーク・ルース社長は18日、世界的な半導体不足に対応するため、北米で新たな車載用マイクロコントローラ(マイコン)を開発すると発表した。今年3月、デトロイトの本社ビルを撮影(2021年 ロイター/Rebecca Cook/File Photo/File Photo)

[18日 ロイター] - 米ゼネラル・モーターズ(GM)のマーク・ルース社長は18日、世界的な半導体不足に対応するため、北米で新たな車載用マイクロコントローラ(マイコン)を開発すると発表した。

投資家向け会議で、GMはクアルコム、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスエレクトロニクスなど半導体メーカー7社と協力して3つの新型マイコンを開発しており、開発に成功すれば自動車に搭載する半導体の95%を削減することができるとした。

新型マイコンの開発にかかる投資の大半は米国とカナダで行われ、年間で1000万個の大量生産を目指す。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up