Reuters logo
ドイツの銀行、金利上昇なければ利ざや大幅に縮小=連銀報告
2017年2月1日 / 16:44 / 10ヶ月前

ドイツの銀行、金利上昇なければ利ざや大幅に縮小=連銀報告

[フランクフルト 1日 ロイター] - ドイツ連銀(中銀)は1日、金利が向こう数年間に上昇しなければ、利益率がすでに欧州で最低水準となっているドイツの銀行は利ざやの大幅な縮小に直面するとする報告書を公表した。

ドンブレット理事も執筆に加わった同報告書で独連銀は、金利が向こう4年間、現在の水準にとどまれば銀行の金利マージンは16%低下すると予想。そうなれば、資本コスト8%を稼ぎ出せる銀行は全体の5分の1程度となるとの見方を示した。

一方、利上げが実施されれば、低金利環境で設定された住宅ローンなどの長期資産による収入が低水準にとどまる一方、新たな短期債務をめぐる費用は急速に増加する可能性があると指摘。金利上昇も当初は銀行にとり向かい風になる可能性があるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below