March 6, 2018 / 5:30 AM / 4 months ago

ドイツ国歌の表現変更、メルケル首相は望まず

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、「父なる祖国」など国歌の男性に偏った表現部分の変更を求めた平等政策担当者の提案に対し、変更を望まない意向を示した。ザイベルト報道官が明らかにした。

 3月5日、ドイツのメルケル首相は、「父なる祖国」など国歌の男性に偏った表現部分の変更を求めた平等政策担当者の提案に対し、変更を望まない意向を示した。ザイベルト報道官が明らかにした。写真は先月25日撮影(2018年 ロイター/Axel Schmidt)

2001年から平等コミッショナーを務めるクリスティン・ローゼメーリンク氏は提案で、父なる祖国を意味する単語「Vaterland(fatherland)」を「Heimatland(homeland)」に、兄弟のごとく心一つに手をとりあってという意味の「兄弟の」の部分を「勇気を持って」に、それぞれ変更するよう求めている。

ザイベルト報道官は、5日の定例記者会見で、「首相は従来の国歌の歌詞にいたって満足しており、変更の必要を感じていない」と述べた。

連邦家族省の広報担当者は、ローゼメーリンク氏の提案は省職員に内部文書の形で送付された個人的なものとし、コメントはできないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below