Reuters logo
ドイツ製造業PMI改定値、8月は59.3 生産・受注・輸出が好調
2017年9月1日 / 09:35 / 19日前

ドイツ製造業PMI改定値、8月は59.3 生産・受注・輸出が好調

[ベルリン 1日 ロイター] - IHSマークイットが1日発表した8月のドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は59.3で、5カ月ぶり低水準だった7月の58.1から上昇し、2011年4月以降で3番目に高い水準となった。

生産、新規受注、輸出が大きく伸び、指数を押し上げた。

ただ、景況感の改善・悪化の分かれ目となる50は上回ったが、速報値(59.4)からは若干下方修正された。

マークイットのエコノミクスディレクター、トレバー・ボールチン氏は「生産と新規受注の伸びが加速し、雇用の伸びは歴史的高水準を維持した」と語った。

新規受注は33カ月連続で50を上回り、アジアからの旺盛な需要を背景に新規輸出は2010年5月以来の高水準となった。

また、受注残は調査を開始して以来の水準近くに上昇。出荷に関する指数も2011年4月以来の高水準。

ボールチン氏は8月のデータについて、今年のドイツの成長率が従来予想を上回ることを示唆していると指摘した。マークイットは今年の成長率を2.3%、来年の成長率を2.1%と予想している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below