September 30, 2019 / 4:09 AM / 18 days ago

独でメルケル氏の保守連合支持率低下、社民党は持ち直す

9月29日に公表されたドイツの最新の世論調査で、メルケル首相(写真)が属する保守連合、キリスト教社会民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が2%ポイント低下して27%となった。独エアフルトで27日代表撮影(2019年 ロイター)

[ベルリン 29日 ロイター] - 29日に公表されたドイツの最新の世論調査で、メルケル首相が属する保守連合、キリスト教社会民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が2%ポイント低下して27%となった。

調査はビルト日曜版の委託でエムニドが、19─25日に有権者1719人を対象として実施した。

メルケル氏が率いる連立政権に加わっている社会民主党(SPD)の支持率は1%ポイント上昇の16%。連立政権が20日、輸送セクターに二酸化炭素排出量に応じて課金する制度や、電気自動車購入の奨励措置などを盛り込んだ新たな気候変動対策で基本合意したことが影響したとみられる。

左派寄りの社民党は連立政権にとどまるかどうか党内で意見対立が続いており、今回の気候変動対策は連立与党として存在意義を証明する上で導入が絶対に必要だとみなしていた。ドレーヤー暫定党首は28日、この対策の詳細を巡る交渉でも要求を貫徹する姿勢を表明した。

一方、CDUのクランプカレンバウアー党首は、メルケル氏との関係に亀裂が生じているとの見方を否定した。先の米国訪問で別々の飛行機に乗ったことでこうした観測が浮上したが、クランプカレンバウアー氏はビルト日曜版に対して「私とメルケル氏の間に何も争いごとはない」と断言した。

その他の政党の支持率は、緑の党が横ばいの21%、極左のリンケも変わらずで8%、自由民主党(FDP)は1%ポイント低下の7%、極右のドイツのための選択肢(AfD)は1%ポイント上昇の15%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below