for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独ゲルマニア航空が破産、全便の運航を停止

 2月5日、ドイツのゲルマニア航空は、資金繰りが悪化したため、破産手続きを申請したと発表した。写真はゲルマニア航空のエアバス旅客機。昨年7月にスペインのパルマ・デ・マヨルカ空港で撮影(2019年 ロイター/Paul Hanna)

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツのゲルマニア航空は5日、資金繰りが悪化したため、破産手続きを申請したと発表した。

ドイツでは、2017年に当時国内2位のエアベルリンが経営破たんしている。

燃料価格の高騰やドル高、新型機導入の遅れやコスト高が経営破たんの理由としている。

ゲルマニア航空はベルリンを拠点として1986年に設立。37機を運航し、年間利用者数は約400万人。欧州、北アフリカ、中東への60以上の路線があり、イランやイラク、アルメニアなどにも運航していた。

4日遅くに破産申請を行い、全便の運航を停止したという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up