for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ自動車工業連盟、国内外の乗用車販売予測を下方修正

 6月20日、ドイツ自動車工業連盟(VDA)は今年の国内外の乗用車販売予測を下方修正した。写真はミュンヘンの自動車販売店に展示された高級自動車。2018年10月撮影(2022年 ロイター/Michael Dalder)

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツ自動車工業連盟(VDA)は今年の国内外の乗用車販売予測を下方修正した。ロシアのウクライナ侵攻、中国のロックダウン(都市封鎖)、半導体・原材料不足が背景。

ドイツの乗用車販売は3%(270万台)増加する見通し。従来予想は5%増だった。欧州は横ばいの見通し。従来予想は3%増だった。

世界の乗用車販売は1%(7020万台)減となる見通し。従来予想は1%増だった。新型コロナウイルス流行前の2019年販売台数を13%下回ることになる。

中国は2%減の見通し。ロックダウンが響いた。従来予想は2%増だった。

米国の小型車販売は1%減となる見通し。従来予想は2%増だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up