May 2, 2018 / 8:37 PM / 3 months ago

独財務相が予算計画公表、2020年以降に公共投資減額へ

[ベルリン 2日 ロイター] - ドイツのシュルツ財務相は2日、2022年までの予算計画を公表した。20年以降に公共投資を減額する内容で、各省庁に歳入に応じた支出を行うよう促した。

それによると、18年の公共投資額は昨年の340億ユーロ(408億1000万ドル)から370億ユーロに、19年は379億ユーロに増加。しかし、20年には減少に転じ、22年に335億ユーロまで減る見込み。

シュルツ財務相は、新たな債務による借り入れを行わない方針を2022年まで維持。「経済が好調な時期には、責任ある財政政策によって債務減少と投資拡大を行う必要がある」と述べた。

ただ、米国は北大西洋条約機構(NATO)への拠出負担を減らそうと、トランプ大統領がドイツなど欧州各国に防衛費増額を求めていた。ドイツ国内でも予算増を求めていた防衛省などが今回の予算計画に反対を表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below