for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ、2030年までにEU財政規律順守へ=財務相

 ドイツのショルツ財務相(写真)は、2030年までには欧州連合(EU)の財政規律を再び順守できるとの見通しを示した。5月12日付の独紙ライニッシェ・ポストが伝えた。ベルリンの首相府で昨年12月撮影。代表撮影(2021年 ロイター)

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツのショルツ財務相は、2030年までには欧州連合(EU)の財政規律を再び順守できるとの見通しを示した。12日付の独紙ライニッシェ・ポストが伝えた。ドイツは、新型コロナウイルス危機への対応で財政支出を拡大した。

ショルツ氏は「われわれが賢明なら、2020年代末までに(財政)安定条件をすべて満たすだろう。金融危機後のように債務から抜け出せる」と述べた。

EUの財政規律は、財政赤字を国内総生産(GDP)比3%、債務は同60%をそれぞれ下回るよう定めている。

ショルツ氏は「夏にはコロナ危機をほぼ克服し、その後、経済成長が再び上向くと見込める兆しが多く出ている」と述べた。

ドイツは、新型コロナ危機を受けて、憲法で定める債務抑制規定を一時停止した。ショルツ氏は2023年から厳しい財政ルールを復活させたいと述べた。

同氏は12日に最新の税収見通しを示す。政府は今年の成長率を3.5%と予想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up