March 26, 2019 / 8:48 AM / a month ago

独消費者信頼感指数、4月は10.4に低下=GfK

[ベルリン 26日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが発表した4月の独消費者信頼感指数は10.4で、前月改定値の10.7から低下した。市場予想の10.8を下回った。

調査は3月1─15日に約2000人を対象に実施した。

所得の見通しを示す指数がやや低下。購買意欲は過去2年あまりで最低となった。

ただ、GfKの調査担当者ロルフ・ビュルクル氏は「ドイツの消費者心理は依然として決定的にポジティブだ」と指摘。好調な労働市場と就業者の増加で、今後も消費支出が続くとの見方を示した。

特に低金利で貯蓄の魅力が低下しているという。

同氏は、民間消費が引き続き今年の景気拡大の重要な柱になると予測。ただ「英国の欧州連合(EU)離脱や貿易摩擦を巡る不透明感がこれ以上悪化しないことが前提」という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below