June 26, 2019 / 7:17 AM / 25 days ago

独消費者信頼感指数、7月は9.8に小幅低下=Gfk

 6月26日、ドイツの市場調査グループGfKが発表した7月の独消費者信頼感指数は9.8で、前月の10.1から低下した。景気減速を背景に消費者の所得の見通しが悪化した。低下は2カ月連続。ロイターがまとめた市場予想は10.0だった。写真はハノーバーで2017年3月撮影(2019年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 26日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが発表した7月の独消費者信頼感指数は9.8で、前月の10.1から低下した。景気減速を背景に消費者の所得の見通しが悪化した。低下は2カ月連続。ロイターがまとめた市場予想は10.0だった。

調査は約2000人を対象に5月31日から6月14日に実施した。

消費者心理が悪化している背景には、貿易摩擦や電動化への対応を迫られている国内自動車産メーカーが人員削減に踏み切るのではないかとの懸念がある。

GfKの調査担当者ロルフ・ビュルクル氏は「これまでのところ、所得を示す指標は、非常に好調な国内雇用情勢が追い風になっているが、雇用ブームの終わりを示唆する回答が増えている」と述べた。

消費者の所得の見通しを示す指数は2017年3月以来の低水準だった。

ただ消費性向は上昇した。GfKは所得が減少するとの見方が強まれば、消費性向が現在の水準を維持するの難しくなるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below