October 25, 2017 / 2:24 AM / 3 months ago

独下院、議長にショイブレ前財務相を選出

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツ連邦議会(下院)は24日、9月の選挙後初めて本会議を開き、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の重鎮、ショイブレ前財務相(75)を議長に選出した。

ショイブレ氏は国内で最も尊敬されている議員の1人で、在職期間は最長。財務相のポストを離れることで、CDU・CSUの連立相手になるとみられている自由民主党(FDP)が同ポストを得ることが可能となった。

メルケル首相はFDP、緑の党との3党連立に向けた協議を進めている。

下院では慣例により各党からそれぞれ副議長を選出することになっているが、今回の選挙で国政に初進出した極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の副議長候補を他の各党は否決した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below