December 19, 2019 / 2:15 AM / a month ago

ファーウェイ排除巡る中国の圧力、「聞いていない」=独首相

 12月18日、ドイツのメルケル首相、政府が次世代通信規格「5G」ネットワーク整備で、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)を排除した場合、中国側が報復措置を取るとの脅しについて、何も聞いていないと語った。写真はファーウェイの旗艦店。10月30日、深センで撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は18日、独政府が次世代通信規格「5G」ネットワーク整備で、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)を排除した場合、中国側が報復措置を取るとの脅しについて、何も聞いていないと語った。

メルケル首相は連邦議会(下院)で「中国当局からの圧力について、何も私には伝えられていない」と述べた。

中国の呉懇・駐独大使は前週、中国では多くのドイツ車が販売されていると強調。独政府が5G構築でファーウェイを排除した場合、報復する可能性があると示唆した。

メルケル氏は5Gネットワークの展開では、特定の企業を排除することには反対だと改めて表明したが、セキュリティーの確保のために全力を尽くす意向を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below