March 19, 2018 / 2:34 AM / 4 months ago

中独首脳が鉄鋼過剰生産を協議、G20枠組み通じた問題解決で一致

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツのメルケル首相と中国の習近平国家主席は17日、電話会談を行い、世界鉄鋼市場の過剰生産能力について協議し、20カ国・地域(G20)の枠組み内で問題解決に取り組むとの方針で一致した。独政府のザイバート報道官が明らかにした。

 3月18日、ドイツのメルケル首相(写真)と中国の習近平国家主席は17日、電話会談を行い、世界鉄鋼市場の過剰生産能力について協議し、20カ国・地域(G20)の枠組み内で問題解決に取り組むとの方針で一致した。写真は16日パリでの代表撮影(2018年/ロイター)

同報道官は声明で、両首脳が戦略的協力関係の強化で合意したほか、世界貿易を巡る多国間協力の重要性を強調したと発表した。

中国国営の新華社によると、習主席はメルケル首相に対し、両国が「新たなタイプの国際関係を推進」し、イデオロギーの違いはあるものの協力を進めるべきだと述べた。広域経済圏構想「一帯一路」の枠組み内で協力していく方針を示した。

習主席は「公平性と相互尊重を保ち、互いの利益と懸念を理解し、相違点に適切に対処していく限り、中独関係は安定して発展していく」と伝えたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below