Reuters logo
独中首相が会談、関係強化の重要性で一致 北朝鮮問題も議論
2017年6月1日 / 09:34 / 6ヶ月後

独中首相が会談、関係強化の重要性で一致 北朝鮮問題も議論

[ベルリン 1日 ロイター] - メルケル独首相と中国の李克強首相は1日、ベルリンでの会談後記者会見し、世界的に不透明感が増すなか、独中の関係強化が重要と表明した。

李首相は「われわれはともに、世界の安定に寄与する用意がある」と主張。メルケル首相は、中国との間の協調関係強化に意欲を示した。

両首相は今回の会談で、自由貿易のほか、北朝鮮危機の解決に向けた外交努力など、幅広い議題について意見を交換した。メルケル首相は北朝鮮問題を巡って、ドイツの関与に前向きな姿勢を示した、という。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below