March 6, 2019 / 4:28 AM / 14 days ago

サッカー=ドイツ代表監督、ミュラーやフンメルスら構想外に

 3月5日、サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督(写真)は、2014年W杯ブラジル大会優勝メンバーであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス、トーマス・ミュラーの3選手を構想外とすることを発表した。ドイツのゲルゼンキルヘンで2018年11月撮影(2019年 ロイター/Leon Kuegeler)

[ベルリン 5日 ロイター] - サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は5日、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会優勝メンバーであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス(ともに30)、トーマス・ミュラー(29)の3選手を構想外とすることを発表した。

バイエルン・ミュンヘン所属のトリオは昨年のW杯にディフェンディングチャンピオンとして挑んだが、チームは過去80年で最も早いグループリーグ敗退を喫した。今季は3選手揃って不調に苦しんでいる。

レーウ監督は、ドイツ・サッカー連盟(DFB)を介した声明で「マッツ、ジェローム、トーマスには、多くの成功と特別な素晴らしい時間を共有できたことに感謝する」としながらも、将来を見据えてチームを一新する必要があるとし、「これが正しいステップだと確信している。新たな若手選手には成長する余地がある」と続けた。

自らバイエルンへ出向いて、3選手に構想外とする旨を伝えたというレーウ監督。「2019年はドイツ代表チームにとって新しい始まり」とし、自身の決断を選手らとバイエルン側へ直接説明することが重要だったと話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below